村火社有林土壌動物調査(トラップセット)_2020.05.18

社有林での森の生態系調査として、土壌動物調査を行っています。本年は、春(5月)、夏(7月)、秋(9月)の3シーズンで行う予定です。
調査方法は、ピットフォール法で、トラップとしてプラスチックコップを地中に埋め、そこに落ちる土壌動物の種類と数を調べるものです。5/18はこのトラップを社有林内4か所にセットしました。植生の違いや森の手入れの状態と生息する土壌動物の関係がわかればと考えています。5/21にトラップ内の生きものを回収します。
<Forest Runner / エコアカ室長>トラップセット1 トラップセット2

第5回エコシステムアカデミー植樹(会)竹支柱準備_2020.05.18

新型コロナウイルス禍の影響を受けて、第5回エコシステムアカデミー植樹会は、白河在勤エコアカメンバーによる生長の森での植林作業として行うこととなりました。
今年の1月に伐期のアカマツ林 約0.34haを皆伐し、第二期生長の森を造成しました。そこを6区画に分け、2020年から2030年まで隔年で植樹していきます。2030年はSDGs最終年です。SDGsのゴールを目指してこの場所に植樹をしていきます。
次回は皆さんと一緒に植樹できることを願っています。
ということで、今回の植樹(会)5/27(水)に使う苗木の支柱の準備として、地元の方のご厚意により竹林の竹を分けてもらうことになりました。早速、竹伐りに行ってきました。支柱約130本、準備完了です。

(追伸)エコアカでは、育樹会も行っていきます。みなさんが植えた木が生長する様子も見ていただきたいと思います。
<Forest Runner / エコアカ室長>竹支柱準備2 竹支柱準備1

村火社有林生長量調査_2020.05.14

新緑が眩しくなり始めた社有林にて、森の生態系調査の一つの「立木の生長量調査」を実施しました。

標準地(測定地)として間伐地と未間伐地を設定し、アカマツ(植林木)と広葉樹(天然更新)の年毎の胸高直径を計測しています。間伐地と未間伐地での生長量の差、生存率の差がどうなのかを実証確認することが目的です。標準値はエコアカの観察路内にあるので、森林環境学習で来場された方にも、結果と合わせて森の手入れの必要性を説明するのに活用しています。 エコアカでは、自分たちの手で確認したリアルを題材として、森のめぐみの森林環境学習を提供しています。

<Forest Runner / エコアカ室長>

新緑のミズナラr 生長量測定r

欠入社有林境界踏査_2020.04.23

欠入(かけいり)社有林の境界確認、林内の状況・植生・地形確認を目的として、欠入社有林の境界踏査を実施しました。昨年境界が確認できなかった東-南側境界を確認することができました。

社有林はアカマツが主体です。境界を境にして樹種の違いがよくわかりました。また、境界に沿って土塁が築かれているのもよくわかりました。

まだまだ新緑の季節前、笹が生い茂る前だったので、殺風景ではありましたが歩き回るにはちょうどよい状態でした。

<Forest Runner / エコアカ室長>

写真1

向かって左側のアカマツ林側が社有林

社有林と他とでは樹種が異なる

 

 

 

2写真赤テープを巻いている所の土塁が境界

向かって左側が社有林

 

 

 

欠入社有林境界踏査結果_20200423(写真)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白河甲子の森 小さな春

ここは福島県西郷村「白河甲子の森」の「生長の森」。4/9(木)の春の日差しの中、およそ500本、植樹してくださった方々の名札をミズナラの幼木一本一本につけてきました。

「生長の森」では、2012年より隔年で、弊社従業員に加えて地元の方々にも参加いただきながら植樹会を開催しています。
8年前のものは立派な若者に、2年前のものはまだまだひよっ子。生長の様子をみなさんに見に来てもらいたいですね。
本格的な春はまだまだですが、小さな春はあちこちに顔を出していました。

<Forest Runner / エコアカ室長>

IMG_2028r

IMG_2005_ヤブレガサ IMG_2031

IMG_2034 IMG_2009r

エコシステムアカデミー 福島県「体験の機会の場」認定取得!!

エコシステムアカデミー(白河山荘(ビジターセンター)と村火社有林(白河甲子の森))は、環境教育等促進法に則り地域での交流の拠点となって持続可能な社会づくりに貢献する施設・プログラムとして、福島県「体験の機会の場」に認定されました。(認定有効期間:令和2年3月4日~令和7年3月3日)

<Forest Runner / エコアカ室長>

福島県体験機会の場認定証

白河甲子の森 エコアカ看板リニューアル!!

ありがとうございます!!
「もりの案内人」ことシニアインストラクターの高田さんが、エコアカ設立以来森のランドマークとして親しまれてきているエコアカの看板を作り直してくださいました。
エコアカ看板は来場されたかたの記念写真撮影ポイントとして親しまれています。
みなさん、これからもリニューアルされた看板の前で笑顔をよろしくお願いいたします!

<Forest Runner / エコアカ室長>

エコアカ看板リニューアル

冬の野生動物

久しぶりの投稿です。これからは、エコアカを身近に感じてもらえるような投稿を、できるだけこまめに書いていきたいと思います。
改めて、よろしくお願いします。

さて、先日(3月5日)、雪の社有林(福島県西郷村村火)の「生長の森」に設置してあるトレイルカメラのデータを回収してきましたので、その中の写真のいくつかをご紹介いたします。
シカや野ウサギが写っていました。(カメラの時計がずれていました。キャプションの日時をご覧ください。)

雪の中、走る、歩く、立ち止まる、見つめる いろいろな姿が見られます。

M2E1L0-2R350B300 野ウサギ 2018/02/15 22:29

M2E1L0-4R350B300 野ウサギ 2018/02/13 02:01

M2E1L0-6R350B300 野ウサギ 2018/02/05 0:51

M2E85L231-230R381B329 シカ 2018/01/10 9:53

M2E40L109-109R399B307 シカ 2017.12.29 16:17

M2E1L0-2R350B300 シカ 2017.12.23 5:56

<Forest Runner / エコアカ室長>

福島県立遠野高等学校訪問 2017.04.04

福島県立遠野高等学校を訪問し、エコアカの出前授業の紹介をしてきました。

当高校は「福島県立学校における森林環境学習推進事業」の指定校となっており(昨年より2年目)、本テーマでの本年度の授業を検討している中で、担当先生がエコアカHPをご覧になって、エコアカの体験型環境学習を知ったようです。
昨年は地元遠野興産のチップ工場の見学、プランターや箸の木工体験を行っているとのこと。
本年は、木材の利用として、木(チップ)が紙になることをテーマとしてやりたいと考えていらっしゃるようです。(針葉樹、広葉樹、古紙の各パルプでの違いに関心を持っていらしゃいました。)また、「今回の授業では、知識の詰め込みではなく、体験学習、社会とのコミュニケーション、グループ学習を意識した授業としたい。」とのことでした。

エコアカとしては高校生対象は初めての取り組みとなります。提供できる体験型環境学習を幅を広げるいいチャンスです。成果のある出前教室を準備したいと思います。

このあたりは林業が盛んで、山には杉がびっしり植えられており、チップや丸太を積載したトラック行き来していました。道の駅には木工品が展示されていました。

<Forest Runner / エコアカ室長>

道の駅 木工1 道の駅 木工2

社有林巡視(村火)2017.03.30

エコアカの活動で連携している那須甲子青少年自然の家の離任式の後、村火社有林を巡視してきました。一旦はかなり消えた雪でしたが、今週初めの湿った雪がそう簡単には春を呼んでくれそうにもありません。
社有林の定点カメラやトレイルカメラのデータを回収した後、社有林の様子を見ると、イノシシが激しく地面を掘り返した跡があちこちにみられました。
シカの後はイノシシの活動が活発になってきているようです。

<Forest Runner / エコアカ室長>

イノシシの掘り返し跡
ウサギの食痕
エコアカ看板前
まだまだ雪景色の成長の森